Home > Blog > エリミネーター250V レストア作業-4
 

エリミネーター250V レストア作業-4

前回紹介のブログ迄で金属系統の構成部品レストア作業は保々保々完成しましたので、プラスチックとゴム部

品のレストア作業に移行します。

上画像部品はE/Gリアーバンク側の遮熱版です。

経年により白く、くたびれた感じが否めません。

水性ワックスを使用しますと手軽に再生出来ますが、持続性が短期ですので油性の溶剤を使用し再生作業を

行います。

樹脂部品を侵さぬ溶剤にて作業を行っております。

ゴム部品はクリース塗布にて洗浄と油分補給を行います。

この作業にはゴム部品を侵さぬ様、シリコーングリースを使用して作業しております。

チェーンケースや遮熱版の裏側も抜かり無く同作業を施工しております。

カワサキ車のブレーキホースには金属製のガードが巻いてあるのが特徴です。

錆が発生しておりますのでバンジョウ部やエアー抜きニップル部も含みレストア作業を行います。

ブレーキホースゴム部にもシリコーングリースを塗布し洗浄と油分補給を行い、フロントブレーキユニットの

レストア完成とあいなります。


Copyright© – ‘2019’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.