Home > Blog > 250TR レストア作業-2
 

250TR レストア作業-2

作業は前回紹介の続きとなります。

フロントホイールはスポークやディスクローター、ディスクローター取付けボルト等の洗浄、錆除去作業

を施工し原状回復に努めました。

ホイール廻りの錆が顕著な理由としましては、ブレーキパッドの摩耗粉が大きな原因となります。

ブレーキパッドの摩耗粉は熱を帯び、表面に突き刺さる様付着します故、錆が侵食し易い条件が整ってお

ります。

走行後、定期的に水洗いするだけで錆の侵食は随分緩和出来ます。

ステップ廻りも汚れや錆著しい部位となります。

フロントステップのステーに関しましては光沢を失い、何とも残念な様となっております。

カワサキ車の特徴としまして、新車時の車輌構成部品黒色塗装部は光沢を放っております。

錆を除去し再塗装致しました。

当社ラインナップの車輌は経年劣化の影響を多分に受けます故、基本部位(車輌)のレストアは必須作業

となります。

当作業を含め地味な作業の積重ねにより、車輌を昇華させております。


Copyright© – ‘2020’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.