Home > Blog > SR400ーⅢ クラシックテール取付け作業
 

SR400ーⅢ クラシックテール取付け作業

アフターパーツメーカーの製品を使用の際、トラブルの元とならぬ様加工を施し使用しております。

 

 

上画像は、今回作製車輌に使用します”クラシックテールランプユニット”の画像と相成ります。

マイナス(ー)配線が細く、端子台座の溶解原因となっております。

配線色も車輌メーカーの配線色とは全て違います。

 

 

 アフターパーツメーカー製は、テンションスプリングや、ソケット本体~テンションスプリング間ワッシャよりマイナス(ー)配線を取り出しております。

接続の貧弱さから断線による不具合過多と相成ります。

ソケット本体に、はんだ付けにて直接マイナス(ー)配線を新造致しました。

使用します配線径は1mm径を使用しております。

 

 

ヤマハ車の配線色は、マイナス(-)黒色、常備灯(+)青色、ブレーキ灯(+)黄色です。

メインハーネス接続部にて同色と成ります様配色し加工しております。

取付け台座形状にゴム板を作製し、テールランプユニットの防振対策を施工しております。

 

 

取付けしますと上画像の様と相成ります。

ゴム板を間に挟む関係上、ロックナットを使用し取付けしております。

 

SR400は振動過多のオートバイ故、振動対策に工夫を凝らしカスタマイズ施工しております。


Copyright© – ‘2022’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.