Home > Blog > ST250 フェンダー取付け
 

ST250 フェンダー取付け

250TRを御探しに御来店頂いた御客様の車輌をカスタム致しました。

車輌の状態も良好でオーナー様も気にいられているとの事でしたので、

相談の上車輌購入を取りやめ、現在御所有のST250のカスタムと

なりました。

フロント廻りはWM社製”ショートアルミフェンダー”&GOOD’S社製フォ

ークブーツの取付けです。

ボルトオンKITですので取付け作業は問題無く終了致しました。

WM社製リアフェンダーはKITのリアループフレームが塗装の完全硬化を

待たずして梱包された為、緩衝材の後がついており現状回復作業からスタ

ートとなりました。

私は何時もパーツ取付け前にWAX処理を致しますので大きな問題では無い

のですが、最終ユーザー様には面白く無い状況です。

フェンダーの材質がアルミニウムですので入念にWAX処理し取付け作業

に入ります。

シートステー(ステンレス)も同様の処理を致します。

メーカーからは、御希望のシートがノーマルフェンダーのみ対応との事でした

が、取付け後の強度の問題では無く物理的に取付け不可能と聞きましたので

加工にて取付け可能と判断し作業して行きます。

シートステーの加工で特段問題無く取付け完了です。

このボルトオンKITを謳う、アルミショートリアフェンダーKITは前部に

取り付けされているイグナイタ取付けステー用の穴が無く、フレーム取付け

ステーとフェンダー穴が8mm程ズレが有ったという、WM社の商品として

は随分ワイルドなボルトオンKITでしたので、この辺りの加工が難しい方

は御自分での作業は困難を極めます。

あくまで”日本製のKITパーツだと思うと”のレベルと御考え下さい。

海外製のカスタムパーツを加工取付けしているお店であれば、あまり問題とな

る不具合では御座いません。

出来上がりは随分スタイリッシュで軽快な雰囲気になりました。

 

 


Copyright© – ‘2019’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.