Home > Blog > 250TR エンジンレストア作業
 

250TR エンジンレストア作業

先日、ニンジャ250の現行型に乗る機会が御座いましたので試乗してきました。

2018年現在、中型バイクのフューエルインジェクションモデルは力感の無い

フィーリング特性の為、爽快感が乏しくキャブレータモデルの方が乗って楽しい

のが実状です。

ほぼほぼキャブレータ使用を前提に設計されたE/Gですので致し方無い処です。

私感としてはエレクトロニクス関係は優秀、車体は操作し易く優秀、E/Gフィー

リング残念、スタイル優秀です。

中型バイクのフューエルインジェクションモデルが楽しい乗物となるのは、まだ先

の話になりそうです。

上記私感が故、今年も当社はキャブレータモデルに固執して行きます。

上画像は250TRのE/G左ケースですがアルミニュウム合金製ですので腐食著

しい状態です。

アルミニュウム合金は酸化(錆る)しますと白く粉を吹き塗装を剥離致します。

表面の処理をし、再塗装致します。

この作業時、ネジを外しますのでネジの錆も除去します。

カワサキのバイクはネジにメッキ処理がしてあり、錆の除去作業が容易です。

現状回復作業ですので必要以上に光沢を出さぬ様仕上げております。


Copyright© – ‘2019’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.