Home > Blog > TW225カスタム作製-2
 

TW225カスタム作製-2

9/15~17の3連休も沢山の御来店、御契約誠に感謝しております。

只今作製中のTW225は、”ビックフットカスタム”ノーマルスイングアーム仕様となります。

まずは、使用します純正部品の洗浄、レストアからスタートです。

クラッチ、ブレーキレバーは先端部のキズ、曲がり等が無い事を確認後、ポリッシュ仕上げとします。

小キズ程度であれば、修正作業にてキズを消します。

ヤマハ車のシフトペダルラバーは、2~3000kmも走行しますと外側が欠損しますので新品交換し男前

を上げます。

セルモーターボディーは表面のクロメイトと思われる表面処理をキズ付ける事の無い様、注意しレストアい

たします。

上記注意を怠り清掃し、後に錆たセルモーターを散見しますがE/G前部にあり非常に目立ちます。

メインキーは内部の端子が酸化している車輌が大半を占めますので、分解し内外共に現状回復に努めます。

ナイロンパーツは洗浄、ゴムパーツは洗浄後シリコーングリースにて劣化を防ぎます。

ディマスイッチ内部も端子部の酸化による接触不良が無い様、分解清掃いたしました。

上記作業を施工しますとウインカースイッチの感触が向上します。

上画像セルモーターの+配線ガイドは、ノーマル時”ハの字型”をしております。

私感ですが精度の甘さを感じますので、シッカリ感を出す為”コの字型”に整形しております。


Copyright© – ‘2019’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.