Home > Blog > SR400-Ⅲ ボバーカスタム作製-3
 

SR400-Ⅲ ボバーカスタム作製-3

前回紹介のブログにて、車輌のレストアは保々保々完了となり、作業はカスタマイズに移行となります。

先ずはリアフェンダーを加工取付けいたします。

上画像はカスタムリアフェンダー取付けステーです。

リジット取付けとなる為近い将来、振動により必ずフェンダーにクラックが入ります。

ステンレススチール製フェンダーの場合、割れてしまう事も珍しく有りません。

フェンダーステーを加工し、上画像のグロメットにて防振対策を施工します。

取付けステーやフェンダーもスチール製を使用する事によりクラックを予防しております。

アフターパーツメーカーのボルトオンKITはステンレススチール製の製品が多分を閉めております。

フェンダー等に使用するステンレススチールは錆ませんので、前向きな考えでは錆を考慮しての材料選択な

のでは?との考え方もありますが、実情はコストの問題と考えられます。

加工しましたリアフェンダーを取付け後、テールランプやリアウインカーの配線を加工し結線します。

メインハーネス結線部手前で純正ハーネス色に準ずる様変更し取付けしております。

ハーネス色変更部は半田付けにて結線しております。

半田付け部が膨らまない様お互いの配線を縒りながら結線し、万が一のショートによるトラブル防止の為切

断面を互い違いに施工しております。

テールランプ配線に保護チューブを被せ、各々を純正に準ずる様配線します。

リアウインカー配線は多少弛みをもたせ、タイラップをガイドに利用し配線します。

タイラップを締めリアセクションは完了とあいなります。


Copyright© – ‘2019’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.