Home > Blog > STEED400 フレーム加工
 

STEED400 フレーム加工

前回紹介させて頂いたSTEED400の車輌レストアとフレーム加工に着手します。

下廻りは事前に洗浄し足回りを分解します。

足回りは塗装にて黒とします故、上画像の様に取外しての作業となります。

E/Gも入荷時同様黒に塗装します。

塗装状態が粗悪でしたので前塗装を洗浄作業にて除去し、現状回復してからの作業となりました。

おかげで床は上画像の有様です。

STEED400のリアーフレームは有機的造形をしております。

シートベースも補強不足と判断し、再溶接致します。

当作業の部位は露呈著しい部位故、完成時の様に大きく影響を及ぼします。

ドラッグスター400であればボルトオンパーツで可能なリアーフラットフェンダーカスタムも、他国産ア

メリカンバイクではフレーム加工が必須となります。

上画像の様造形の手直しをし鉄板にて開口部の蓋を作製、溶接の後整形致しました。

後はシートベース側面の造形を整え塗装となります。

当社設立前、90年代中頃より当作業は上画像の様に処理しております。

最近散見されますフレーム処理は、有る意味大胆を極めております。

カスタムアメリカンバイクは、特に粗悪なカスタマイズが多すぎる様な気がします。

 

 


Copyright© – ‘2019’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.