Home > Blog > TW225 ビックフットロンスイカスタム パーツ組付け作業-2
 

TW225 ビックフットロンスイカスタム パーツ組付け作業-2

ドリブンスプロケットやリアーホイールはチェーングリースにて汚れ著しい部位ですので、入念に清掃して組

付けしております。

ホイールハブ(ホイール中心部)はグリースの影響により光沢が失われております故、ポリッシュ作業にて

現状回復に努めます。

ドリブンスプロケットには古いチェーングリースが強固に付着しており、ホイールより取外し清掃しており

ます。

テールランプユニットへの配線は純正時車体右側シートレールに沿って配線されておりますが、見栄えが悪く

目立ちます故配線を延長し左内側に配線しております。

出来上がりは上画像の様になります。

シートフレーム左側はツールBOXやヘルメットホルダー等があり、複雑な形状をしております故視覚的に

配線が目立ちにくいと判断し当配線方法を施工しております。

シートベースの加工が必要となりますが、今現在最善の配線方法と考えております。

左側と比較し、右側は配線がありませんので更にシンプルに仕上がっております。


Copyright© – ‘2019’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.