Home > Blog > 250TR ショートフレーム加工
 

250TR ショートフレーム加工

今回は250TR”ショートフレーム加工”を御紹介致します。

当社250TRは保々保々当加工を施工し、リアー廻りをフェンダーレスにて作製しております。

 

ノーマルフレーム形状はリアーフェンダーを取付け時、加工せずとも格好宜しいと思います。

しかし、フェンダーレス仕様としますとシート後端より約150mm程度リアーフレームが余り、私感

トラックの荷台を連想します様と相成ります。

 

先ずはシートフレームを切断致します。

シート下部と、後に接合しますシートフレームのラインが極力同角度になる様、斜に切断しておきます。

 

切断しましたシートフレーム後端を、約150mm程度切断致しました。

当加工、キャリアやツールボックス取付け部を排除する為、車輌に荷物等の搭載機能を求める方には不向

きなカスタマイズと相成ります。

当社では、荷物等の搭載機能を求める御客様が保々保々居りません故、当加工が常態化しております。

 

切断部は互いに幅が違います故、上画像シートフレーム後端部の幅を広げ、メインフレーム側寸法に合わ

せます。

後はサンドブラスト処理後、溶接にて結合致します。

 

当社ではメインフレームとの一体感を好みます故、溶接目は残さぬ様整形しております。

当時ショートフレーム加工提案時、当社作業者の中でも溶接技量に自信有る作業者が”腕の見せ所”と気合

を入れて作業しておりましたが、溶接目がありますと”作業途中で飽きたので完了としました”感が強く不

採用と相成りまた。

あくまで完成時の洗練度を求めております故、溶接技量は他作業にて披露してもらう様しております。

 

塗装を完了し、これにてショートフレーム加工完了と相成ります。

 

完成しますと、上画像の様と相成ります。

今回作製車輌は”ルーカステールランプTAYP110”を使用し作製致しました。

今回も、先ず先ずの仕上がりと自画自賛しております。


Copyright© – ‘2021’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.