Home > Blog > 250TRカフェスタイルカスタム 完成
 

250TRカフェスタイルカスタム 完成

今回作業紹介は前回ブログの続きと相成ります。

 

上画像アンダーブラケットのレストア作業を行います。

ステムベアリングレース部のグリースは、凝固し用を足しておりません。

軽量車輌故、上画像の状態はハンドル操作時顕著に違和感を感じ取れます。

 

 

 

アンダーブラケット再塗装、ステムレース洗浄完了の様と相成ります。

今回車輌のステムベアリングレースは再利用可能と判断致しました。

組付け後確認し、問題あらば交換と相成ります。

 

 

 

フロントフォークのアウターチューブ部(黒色部)にデカールを剥がした跡があり、光沢や色に明確な差異

が確認出来ます。

上記差異はWAX処理にて目立たなく出来ますが、一番の問題点は液体が垂れた跡がある事です。

中古バイクを取扱う車輌店が使用します、ワコーケミカル社製”アルミクリーン”の跡と推測します。

アルミクリーンは強力な汚れ除去能力を有しますが、原液にて散布後数分放置しますと塗装表面を犯し上画

像の様となります。

 

 

 

アルミクリーンの侵食具合が不明故、塗装剥離後再塗装致しました。

上画像インナーチューッブ部のTW用蛇腹状ダストブーツは、マスキングを簡略化する為の治工具と相成り

ます。

純正色に準ずる様、半光沢にて塗装施工しております。

 

 

 

ステップステーは車体下部に御座います故、上画像の有様は致し方無しです。

塗装剥離、錆除去作業を施工し再塗装致します。

 

 

 

ステップバーの取付けを完了させ、ステップユニット完成と相成りました。

 

 

カスタマイズし完成と相成りました。

 

 

 

今回作製車輌はフラットシートを使用し、作製致しました。


Copyright© – ‘2021’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.