Home > Blog > クラシックテールランプ加工
 

クラシックテールランプ加工

カスタムバイク作製にあたり、テールランプユニットの変更は保々保々必須と相成ります。

今回はクラシックテールランプユニットを使用致します。

 

 

当テールランプユニットに限らず、アフターパーツメーカー製の配線は非常に貧弱故、既存の状態での使用は控えております。

 

 

 

上画像はテールランプユニット内部画像と相成ります。

アフターパーツメーカーの配線色は、アース線(-)黄色、常尾灯(+)黒色、ブレーキランプ(+)赤色が多分を占めております。

上画像でも御理解頂けます通り、アース線(-)が細いのが御理解頂けると思います。

経験則、振動等オートバイでの使用に耐えられず、近々に断線致します。

 

 

 

ソケット後端にはんだ付けにてアース線を取付け致しました。

当加工の際、アース線はプラス配線(0,5mm)より太目(0,75mm)の配線を使用しております。

配線抵抗による発熱(テールランプレンズの溶解、変形防止)と機械強度向上を目的としております。

 

 

 

 当テールランプユニットはSR400に使用致します故、ヤマハ純正配線色に準ずる様作製致しました。

結線部は50mm~100mmずらし、ショート防止に努めております。

 

 

配線長は現車合わせにて決定します故、リアーフェンダー取付け後に配線保護外皮や端子取付け致します。

ゴム板より台座を作製し、リアーフェンダー取付け時の防振対策に努めております。


Copyright© – ‘2021’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.