Home > Blog > 250TR リアーフレーム加工
 

250TR リアーフレーム加工

只今作製中の250TRはカフェシート取付けと相成ります。

フェンダーレスでの作製と成ります故、リアーフレームのショート加工を施工致します。

 

 

上画像は、加工前のフレームにカフェシートを乗せた様と相成ります。

250TRのリアーフレーム長は、リアーフェンダー装備前提の長さと相成ります。

オールド感漂う落着きある容姿御希望時、リアーフェンダーを取付けする事御勧めしております。

スポーティーテイストの容姿を御好みの場合、当加工を施工致します。

 

シート長に合わせる為、リアーサスペンション上取付けガセット部後端も切断致しました。

ガセット形状は主にリアーサスペンションやフレームネック部等、重負荷過多の部位に使用されます。

ガセット形状を切断そのままとしますと強度不足と相成ります。

切断面に当て板を溶接しガセット形状へと整形致します。

 

 

先ずは鉄板を切り抜き、当て板を作製致しました。

上画像左の小さな当て板は、シートフレーム後端の当て板と相成ります。

シートフレーム後端の当て板は、扇状に整形し溶接致します。

 

 

加工完了と相成りました。

シートフレーム後端はシート下に位置し、見えにくい場所ですが露見致します。

平の当て板では少々不細工故、上画像の様丸く加工しております。

 

 

シートを取付しますと、上画像の様と相成ります。

テールランプユニットは、ナンバープレート共々サイドに移設致します。

 

 

リアーセクションがシンプルになり、カスタム車輌ならではの容姿と相成りました。

サイドナンバーとせず、シンプルにテールランプユニットをシート後端取付けするも格好宜しいかと思います。


Copyright© – ‘2022’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.