Home > Blog > SR400-Ⅱ 構成部品レストア作業
 

SR400-Ⅱ 構成部品レストア作業

SR400をレストア施工の際、最も時間を要す作業にポリッシュ部のレストア施工が御座います。

当作業は便利な道具も無く、保々保々手作業にて施工しております。

余りの難儀さ故、研磨屋さんに見積りして頂いた処、数万円では不可能との事です。

 

 

フロントドラムブレーキプレートは形状複雑故、作業も難儀と相成ります。

当部品は製廃部品故、新品交換は成りません。

 

 

ホイールもスポークはくすみ、ドラムブレーキケースはまだらに腐食しております。

 

 

フロントフォークのアウターチューブも同様の有様となっております。

キャブレータ仕様のSR400は、差異有れ上画像の腐食は致し方御座いません。

 

 

フロントドラムブレーキプレートレストア作業完了と相成ります。

カム部(メッキの部品)も分解清掃し、綺麗になりました。

 

 

ホイールのレストア作業も完了致しました。

スポークのくすみも無くなり、ドラムブレーキケースに散見された、腐食も修繕されました。

 

 

フロントフォークのアウターチューブも同様の様と相成りました。

アルミニウムは酸化著しいマテリアル故、何れの部品も純正品同様、クリアー塗装にて防錆処理を施工しております。


Copyright© – ‘2023’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.