Home > Blog > TW225 リア廻り配線処理
 

TW225 リア廻り配線処理

TWの配線はシートフレーム右外をシート下ラインに添って後方に行きますので、

そのままですと非常に不細工なルックスになります。

しかし配線を隠せる場所が無いので、視覚的効果も利用して見えない様処理します。配線は最低限以上見えないに越した事が無いので、工夫して処理します。シンプルにカスタムして行くバイクですので、配線の処理で仕上がりのクオリティーが

格段に違います。


Copyright© – ‘2020’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.