Home > Blog > 250TR 溶接加工
 

250TR 溶接加工

当社にて車輌カスタマイズの際、溶接作業は必須の作業と相成ります。

素材は鉄やステンレス合金を主とし、アルミニウム合金やチタニウム合金も御座います。

フレーム加工や各種ステー作製、修理等にも使用致します。

 

 

当社では250TRをフェンダーレスとする際、容姿の関係上シートフレーム長を詰める加工を施工しております。

上画像の様、シートフレームを大胆に切除する加工も御座います。

 

 

サイドスタンドのショート加工時も溶接作業を伴います。

当作業は250TR前後ローダウンの際、必須の作業と相成ります。

 

 

当社販売車輌に限らず、他店にて購入の車輌カスタマイズも受け付けております。

御電話にてお気軽に問い合わせください。


Copyright© – ‘2023’ ATVモータースポーツ│シングル&アメリカンバイクのカスタム車を中心に販売&製作しております。 All Rights Reserved.